ビジネス

【初心者必見】ココナラでの稼ぎ方教えます。

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

初心者でも稼ぎやすい、プラットフォーム『ココナラ』

副業が流行り出、し様々な稼ぎ方が増えてきています。
その中でも「自分のスキルを売り買いする事でお金を稼ぐ」という画期的なビジネスを掲げた『ココナラ』

今最も注目されている、サイドビジネスサービスであり、副業初心者も取り組む方が増えている敷居の低いビジネスです。

今回は、その『ココナラ』の魅力をお伝えすると共に、初心者でも稼げるコツを伝授していきたいと思います。

そもそも『ココナラ』とは?

まず、『ココナラ』とは、簡単に言うと「物を売らないフリーマーケット」です。

では、何を売るのか?

物では無く、スキルや知識、経験を売ります。
あなたに、人より「少しでも」得意なことがあれば、それをサービスとして出品することができます。

「会社員=安定」の概念が崩れ、企業に依存せずに、副業や個人で稼ぐ力が必要とされてい
る、今の時代に合ったアプリです。

スキルというと、本業で使えなければほとんど意味を成しませんでした。

例えば、記事を書くライティングスキルがあったとしても、本業が営業であれば活かすことはできません。

絵を描くスキルがあったとしても、本業が工場勤務であれば活かすことはできないのです。

このような、宝の持ち腐れになってしまったスキルを稼ぐ糧にしたのが、『ココナラ』なのです。

『ココナラ』では、スキルごとにカテゴリー分けされているのですが、そのカテゴリー数はなんと200種類以上となっています。

何かしらの専門的なスキルを持っていることで、そのスキルをお金に変えることができるようになったのです!

スキルが無くても稼げる

スキルをお金稼ぎの糧にしてくれる『ココナラ』。

では、必ずしもスキルを持っていないと『ココナラ』では稼げないのでしょうか?

答えは、「NO」です。

特別なスキルが無くても、『ココナラ』で稼ぐことは可能です。

『ココナラ』では、資格や専門職など、誰もが認めるスキルをウリにして稼いでいる方が多いのは事実です。

しかしその一方で、
「趣味」や「好き」といったレベルのものでも「強み」として前面に推し出して販売している方も多いのです。

初心者でも副業として稼げているのは、この要素が強いからです。

あなたが身の回りの人に比べて少しでも「スキル」や「強み」があれば、それは、十分『ココナラ』で稼げる武器になります!

最短で稼げるカテゴリーは?

「手っ取り早く稼げるカテゴリーはどれですか?」

よくこのような質問されますが、その答えはたった一つしかありません。

それは「周りと差別化できる要素があるカテゴリー』です。

良く需要があれば稼げると答える方がいますが、実際は違います。

需要が多いところには、それに見合うだけの供給が既に存在しているのです。

リリースされてから随分経つ『ココナラ』ですから、どのカテゴリーを選んでも同じなのです。

重要なのは、選んだカテゴリーの中で一際目立つ存在になれるかです。

どれだけ供給があっても、大したことないサービスばかりならば、今からでも十分稼ぐことは可能なのです。

ココナラ内で全てのジャンルに目を通し、ランキング上位のサービスと差別化出来るポイントを作れそうかをまずは検討しましょう。

鍵は評価とランク

これは良く言われることで異論はないのですが、
『ココナラ』においてそのサービスが売れるかの鍵を握るのは「ランク」と「評価」です。

まずランクですが、『ココナラ』は6段階のランク制度を採用しており、ランクは権威の象徴となっています。

  • プラチナ
  • ゴールド
  • シルバー
  • ブロンズ
  • レギュラー
  • 無印(ランク無し)

それぞれのランクには条件があり、また、ゴールドとプラチナランクは3ヶ月間での実績が必要であるため稼ぎ続けなければいけません。

『ココナラ』は発注者が受注者に依頼するシステムなので、
受注者にとってランクは肩書きそのものなのです。

従って、『ココナラ』で稼ぐためには、
いち早くランクを上げていく必要があり、ランクを上げる毎に売り上げは1.5~2倍変わってきます。

変な話ですが、
売上を増やすにはランクを上げる必要があり、ランクを上げるためには売上を増やさないといけません。

そしてもう一つ重要な要素として「評価」があります。

評価とは、
サービスを発注した人が最後に受注者に対して5点満点で評価するシステムです。

  • 返事が遅い
  • 対応が雑
  • 納期に間に合わない

などなど、発注者が不快に感じてしまうと容赦無く低い評価を付けられてしまいます。

評価が低いとサービスが売れなくなるばかりか、ランクにも悪影響を及ぼします。
また、サービス平均点が4.7以下になったら、そのサービスはもう成長する可能性は極めて低くなります。

ですので、『ココナラ』をしっかりとビジネスとして認識し、丁寧すぎるほどにメッセージのやりとりを行う事が、サービス繁盛の秘訣と言えます。

ランクを上げればリピーターも増えて単価を上げることもできる!

地道に実績を積み上げていき、ランクを上げていくと、次第に固定客、つまりリピーターの方が増えていきます。

収益を安定させるためには、継続的なリピーターの発注が必要不可欠であり、どれだけ誠意を持って対応できるか、高いクオリティを保てるかがポイントとなります。

熱心なリピーターが増えていけば、少しずつ単価を上げていっても、しっかりと購入されるようになります。

もちろん単価を上げたことで離れていくリピーターがいるのは確かですが、積み上げてきた実績が確かであれば、間違いなく新規の発注者が現れるようになります。

しかし、単価を上げていくのは最低でも2番目のランクであるゴールドになっていることをおススメします。

『ココナラ』の権威性は、プラチナかゴールドくらいしかありませんので、シルバー以下で無理に単価を上げると一気に売れなくなってしまいます。

ゴールド以上になれば、自ずと実績がついてくるようになるため、まずはゴールドを目指して『ココナラ』に取り組むようにしましょう!

月10万円稼ぐために、どこまでランクを上げれば良いのか?

よく『ココナラ』を始めたばかりの初心者から聞かれる質問に、

「どのランクまでいけば月10万稼げるようになるのか?」

という質問がよく寄せられます。

月10万円稼ぐために到達すべきランクとは…『プラチナ』一択です!

プラチナにならないとダメなのか…と思われるかもしれませんが、実はそうではなく、月10万稼げるようになったころにはプラチナランクになっている、という感覚です。

というのも、プラチナになるための条件として、評価の平均点が4.8点以上をキープすることの他に、「3ヶ月での売上10万以上」という条件があるからです。

つまり、1ヶ月でおよそ3万円の売上があれば、3ヶ月後にはプラチナになれるわけです。

意外にプラチナのランクは敷居が高いわけではないので、地道に上を狙っていきましょう!